ファイルをカモフラージュ

誰にでも、他の人には見られたくないファイルが一つや二つはあると思います。
そこで、見られたくないファイルをカモフラージュする方法をご紹介します。

『ファイルをカモフラージュする方法』 

はじめに新規フォルダを作成します。

このフォルダの中に、カモフラージュしたいファイルを移します。

そして、『名称未設定フォルダ』の後ろに.pkgという拡張子を追加します。

以下のダイアログが現れますので、「追加」を選択します。

すると、パッケージ(インストール用)のアイコンに変わります。

以上でカモフラージュ完了です。
このアイコンをクリックしても、中のファイルを見ることが出来ません。

『中身を確認する方法』

アイコンを選択し、「control」+マウスをクリック(右クリックでもOK)します。
ショートカットメニューより「パッケージの内容を表示」を選択します。

以上でフォルダの中身が確認出来ます。

『フォルダを元の状態に戻す方法』

ファイルメニューの「情報を見る」を選択し、
「名前と拡張子」の名前から「.pkg」の拡張子を削除してください。

以下のダイアログが現れますので、「取り除く」を選択します。

以上で、元の『名称未設定フォルダ』に戻すことができます。
 

検索

リンク