「iOS 9」の対応Mac OSに注意!!

2015年の9月に「iOS 9」のダウンロードが開始となりました。

「iOS 9」では、Siriにできることはこれまで以上に広がり、より使いやすくなったり、
さらにオペレーティングシステムの基盤における改善で、
バッテリー駆動時間が長くなったりと、とても使い勝手が良くなった「iOS」のようです。

しかし、今回のアップデートで
Macに接続する場合のシステム条件は、
 ▪OS X v10.8.5以降
 ▪iTunes 12.3以降
となっています。

「iOS 8」の対応OSは、OS X v10.6.8以降という事で、
実に3年ほど条件が変わっていなかったのですが、
今回は、OS X v10.6.8(Snow Leopard) と OS X Lion (10.7) がNGとなってしまいました。

iPhoneやiPadは、一度「iOS 9」にアップグレードしてしまうと、
MacのOSと違い元の「iOS」に戻す事が出来ないので注意が必要です。

「iOS 9」にアップグレードする前に、
現在使用してるOSのバーション確認をお忘れなく!!

ちなみに、OS X v10.6.8(Snow Leopard)や
OS X Lion (10.7)がインストールされているMacを使用している方が、
今お持ちのiPhone を「iOS 9」にアップグレードしてしまうと、
iTunes 12.3がインストール出来ない為、Macと同期やバックアップが出来なくなります。

検索

リンク