トラブル Q & A(メモリ編)

今回は日々寄せられるトラブル相談の中から、
メモリに関するものをピックアップしました。
 
Q. メモリが不足するとどうなるのですか?

A. メモリはシステムやアプリケーションが動作する為に必要なものです。
  起動している全てのアプリケーションがメモリを使用するため、
  多くのアプリケーションを同時に起動したり、サイズの大きな書類を開くと、
  より多くのメモリを必要とします。

  メモリが不足すると、システムはハードディスクの空きスペースを利用し、
  不足した分のメモリを補います。これを「仮想メモリ」といいます。

  この機能により、メモリが不足した場合でもシステムやアプリケーションは
  安定して動作する様になっています。
  しかし、ハードディスクはメモリと比べ、読み書きの速度が格段に遅く、
  動作がもたつく原因にもなりますし、空き容量不足だとフリーズしやすくなります。

  作業に見合った十分なメモリを用意しましょう。
 
 
Q. メモリの使用状況を確認したいのですが?

A. Mac OS Xであれば、「アプリケーション」-「ユーティリティ」 フォルダの
「アクティビティモニタ」で確認することができます。


この場合、4GBのメモリのうち約2.7GBが使用されています

 
Mac OS 9では、アップルメニュー-「このコンピュータについて」で確認できます。

Mac OS 9ではメモリが1GB以上ある場合、仮想メモリが「切」になります
 
  
Q. メモリはどれくらいまで増設するのが良いですか?

A. OSのバージョンにもよりますが、
  v10.4.xであれば、768MB〜1GB程度(最低 256MB)
  v10.5.xでは、2GB程度(最低 512MB)
  v10.6.xでは、2〜4GB程度(最低 1GB)
  v10.7.xでは、4〜8GB程度(最低 2GB)
  v10.8.xでは、8〜12GB程度(最低 4GB)
v10.9.xでは、8〜16GB程度(最低 4GB)

  もちろん、その本体の最大容量まで増設するに越したことはありませんが、
  実際には使用するアプリケーションに左右されます。
  初めから入っている純正ソフト(Mail,Safari)だけとはいっても、
  最低条件を満たしているだけでは快適と言えません。
 
 
マックラックでは、各種Mac用メモリを取扱っております。
購入だけでなく取付作業も承りますので、お気軽にご相談ください。

検索

リンク